FC2ブログ

〜 大人の隠れ家風サロン 〜 お話し処「ゆるり庵」

♡ 癒しの催眠 & 心と魂のカウンセリング ♡

Archive [2015年12月 ] 記事一覧

マインドフルネス的効能

引き続き、100%自分でいるキャンペーンを絶賛実施中。これをマインドフルネスと言う人も、いるかもですね。私にとって最も効力があるのは、食べること。全身全霊で食べていると、口に含んだ食材がなんと豊かな幸せをもたらしてくれることか!口に入れた瞬間。風味が鼻に抜ける瞬間。舌の上で転がる食感。咀嚼するときのじジューシーさ。飲み込む時にちょっぴり感じる名残惜しさ(笑)。一口ごとにドラマがあり、つい目を閉じて味覚...

失って得たもの

実は10月後半から11月前半まで、声が全くでなくなっていました。喉に細菌が入り、声帯に炎症が起きたのです。咳も酷かったため、仕事も約束も全てキャンセル。自宅で、ひたすら無言で過ごすことになってしまいました。人と会わず、ただ黙って生きる日々の中でで気づいたのは、思考の賑やかさ。常に何かを考え、考え、考えている!そして、いかに意識が外に向いているか!あの人はその後どうしてるかな?あの時こうだったなー。今度...

左サイドMenu

プロフィール

渡辺まりあ

Author:渡辺まりあ
【お話し処・ゆるり庵】代表/魂の臨床心理士/Voice Healer

「地球に恩返しをしたい!」太古の昔から、私たちの命を育み生かし続けてくれている地球。こんなにお世話になってる地球。「何か私にできないだろうか?」そんな魂の叫び!?を胸に、国際協力の仕事に就きました。そこから、私のライフワークの旅が始まったのです。以下、略歴です。


◆ 1988年〜国際協力機構(JICA)職員として、政府開発援助に携わる。湾岸戦争をきっかけに、「国を造っているのは人。国を支えるのは、人間の健全な心。」と思い至り、国家間援助から対人援助へと方向転換。1993年に渡米し、カリフォルニア州立大学大学院にて心理学を学ぶ。

◆ 1997年〜カウンセリング修士号を取得し、帰国。古巣のJICAにて、日本を訪れる開発途上国研修員へのカウンセリング業務を開始。以来20年間、JICA・早稲田大学・東京都教育委員会(スクールカウンセラー)・病院・保育園・民間企業において、100か国、3万人以上の人生に向き合い、変化と喜びをもたらして来た。

◆ 2013年〜BALIリゾート風のカウンセリング・サロン《お話し処・ゆるり庵》を開業。東京・自由が丘にて、心理カウンセリングや魂と向き合うソウル・セッション、催眠療法を行っている。

◆ 高校時代から始めた歌の活動は、ヴォイス・ヒーリングへと進化。癒し声で誘導する Voice healing 催眠療法は「暖かい声で癒されながら、深いところにいる本当の自分に出会える」と好評でリピーター多数。

◆ 講義や講演も精力的に行っており、東京大学・東京女子大学・青山学院大学・キャノン・シティバンク、マレイシア政府機関等で、「異文化コミュニケーション」や「リラクゼーション」を教えて来た。日経新聞・anan・東洋経済での執筆監修等、幅広く活動中。


 

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー